仕事に行きたくない場合は気分転換を

看護師は職業柄、心に負担を感じて仕事に行きたくない症状に陥りやすくなります。例えば患者さんからのセクハラに悩む人も少なくありません。看護師と患者さんは日頃近い距離にいます。物理的にも日々のお世話や、心理的にも病気や症状の悩みなど相談する患者さんも多いでしょう。そのような状態において患者さんからのセクハラに悩まされても、看護師と患者さんという関係上、嫌と言えなかったりはっきり注意できない看護師は多いのです。次第に自分の中で心の負担が大きくなり、仕事へ行きたくなくなってしまいます。詳しくはこちら→http://oshigoto-counselor.com/profession/sexual-harassment/

そうならないためにも、自分自身にとって良い刺激を取り入れ、心を常に元気な状態として維持することが大切です。その手段として、仕事を忘れる時間を持つ事も大切です。特に自分にとって何か喜びや楽しみ、休息になるような時間が重要です。看護師の元気な姿は、患者さんやその家族など周りの人々を笑顔にすることが出来ます。元気な看護師であることが使命だと意識すれば、仕事に行きたくない衝動を行きたい衝動へ変える事も出来ます。例えば勤務時間が終わった後、喫茶店で一息入れる事もお勧めです。喫茶店の環境を喜びや楽しみとして感じる事ができれば、その時間を求めて積極性に働こうという意識が生まれます。